株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方
株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

初心者にも簡単! 見やすいチャートの指標。株価の天底をズバリ捉える!!


<<  これは、ある株式銘柄のある日の実際の日中チャートです。> >

株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

ローソク足チャートの高値・安値の地点が、テクニカル指標のラインの密集点とほぼ一致。
 

 

 

今日の株価上昇はどこまで上がるのか? あるいは、今日の株価の下落はどこで止まるのか?

株価の天底を見極めるのは困難で、通常は不可能といってよいでしょう。

しかし、極めて高い精度をもって天底がわかるようになれば、、、、、、

 

株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

 

上のチャート図は、ある株式銘柄のある日の実際の日中チャートです。

上段のローソク足チャートだけでは、その時点が天井なのか、底なのかは全くわかりません。

しかし、下段の指標と合わせて見ていれば、リアルタイムに その時点がほぼ「天井」であろう、

あるいは、その時点がほぼ「」であろうということが、上のチャート図のように非常にキレイな形

見た目で 容易に推測できるのではないでしょうか。

 

あるテクニカル指標との出会い

私は、プロのディーラーやトレーダーでも何でもありません。

2005年末から始めた素人の個人トレーダーです。

日経平均の月足チャートをご覧になればわかるように2005年は、5月以降ずうーーっと

右肩上がりの相場でした。

この流れに乗り遅れたくないという思いで12月から始めました。

しかし、今から思えば、株式取引を始めるのにはあまりにも最悪な時期でした。

株式を勉強しながら、恐る恐る取引を始め、2006年の年が明けたとたんに

あの 「ライブドアショック!!!

ビギナーズラックすら味わうことなく、強烈な洗礼を受けてしまいました。

出鼻をくじかれ、それ以来、多くの個人トレーダーがそうであるように、私も負け組みの一人です。

負け組を続ける中、何とかこの状況を打破したい、何か方法がないものかとチャートを独学で

自分なりに研究を続け、試行錯誤を繰り返しながら、あるテクニカル指標にたどり着きました。

 

そのテクニカル指標にたどり着いたきっかけは、メタトレーダーというFX(外国為替証拠金取引)の

売買取引を行うために用いる無料の高機能金融トレーディングソフトウェアを見つけたからです。

このメタトレーダーのチャートでは、ありとあらゆるテクニカル指標(メタトレーダーの世界では、

それをインジケーターと呼ぶ)が、しかも自分なりにカスタマイズして使用することができるように

なっています。

ネット上にある膨大な数のインジケーターが有料・無料でダウンロードできますが、

そのインジケーターの中から、最強のものはどれかといろいろ探しているうちに、

このテクニカル指標の驚くべき利点に気付いたのです。

 

テクニカル指標による分析の重要ポイントは、

 img-check.gif 転換点が明瞭で見易いこと

 img-check.gif 騙しが少ないこと

 img-check.gif タイミングが遅れないこと

この3点につきます。

 

オリジナルな手法によるこのテクニカル指標は、視覚的に捉えた特徴から言うと他の古典的指標で、

ダマシも多いストキャスティクスやMACD等と比較して、 明らかに違う有効度を持っている、

ということは自信をもって強調できます。

 

 

その指標とは、、、、

 

 


 

テクニカル指標を普通はやらないようなオリジナルなやり方で使ってみる

その指標は、古典的なテクニカル指標の一つではあります。

最初は、そのテクニカル指標をごく一般的な設定での使い方で試してみましたが

どうもわかりづらく、少なくとも自分自身の使用に足るものではありませんでした。

しかし、自分なりに、ああでもない、こうでもないと試行錯誤を繰り返しながら

いろいろな使い方をおこなっている内に、全くオリジナルな使い方設定方法に行き着いたのです。

その結果、先程のチャート図のような転換点が一目で非常にわかり易い指標となったのです。

今では、この指標なしでは、どこでエントリー(または決済)してよいかわからない状態です。

 

 

 

その指標とは、、、、

 

  その指標の使い方とは、、、、

 

 

そのテクニカル指標とオリジナルな使用方法をマニュアルにて伝授します。

このテクニカル指標は、FXの世界では比較的よく使用されているようなのですが、どういう訳か

株式チャートの世界では、マイナーなようで、多くのチャート 機能には付いていないのです。

チャート機能に付いていませんので、ネット等でいくら検索しても指標の用語説明程度で

ましてや、このような使用方法など、どこにも見当たりません。

運よくチャート機能に付いていたとしても、ごく一般的な使用方法しかできないのがほとんどですので、

先程のチャート図のような見た目にはなりません。

 

もう一度、他の例で、チャートを見てみましょう。

 

(上昇相場  例1)

 

 

(上昇相場 例2)

 

 

(下落相場 例)

 

どうでしょうか?

 

最高値、最安値のポイントが、見た目でわかり易いと思います。

しかし、あらゆる分析が可能なプロの株式ディーラーを除けば、このような使い方をおこなっている

個人投資家は皆無と言ってよいのではないでしょうか。

それだけでも、如何に個人投資家が、株式相場において、不利な立場に置かれているかが

わかります。

 

前述の通り、このテクニカル指標が組み込まれた株式売買取引用トレーディングツールを

提供しているところは、今のところ非常に少なく、この手法を実践するためには、

その指標が使える特定の証券会社の取引口座を開設することが必要にはなりますが、

口座開設は勿論、無料ですし、口座開設者であれば、トレーディングツールも

無料で利用できます。

 

本当は、この手法を自分だけで続ける予定でしたが、

 

今回敢えて、

 

マニュアルにて公開することを決断いたしました!!!

 

 

気になる販売価格ですが、基本的には、テクニカル指標の設定だけの問題ですので

使い方もシンプルなもので、それ自体に物理的な値段がつくものではありません。

しかしながら、私自身がこの手法に辿り着くまでの悪戦苦闘の結果での知識と情報ですので

決して安価な提供はおこないません。

また、手法の性質上、テクニカル指標が導く売買ポイントでのエントリーが集中するという

恐れもあり得ますので、情報公開には慎重にならざるを得ません。

 

最終的な販売価格は、¥19,800. を予定しておりますが、

まずは、モニター的に先行販売をおこなう為に、今回、

 

100名 限定価格としまして、

 

 

 

にて提供させて頂きます。

従いまして、定員になり次第、¥19,800.の正規販売価格とさせて頂きます。

 

 株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

PDF形式ダウンロード版

<<  3大スペシャル特典付  >>

株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

[PDFマニュアル 本編 21ページ/特典@ 5ページ/特典A 6ページ]

 100名限定価格

 


<ご注意>
送信後、しばらくたってもメールが届かない場合は、メールアドレスがお間違いの可能性がございます。その際は、再入力をしていただきますよう、よろしくお願い致します

【 株式投資のリスクについて 】

当商品の情報提供はお客様の利益を保証するものではありません。株式等の有価証券の取引に際しては、株式市場等の相場の変動や発行会社の信用状態の悪化、取引した有価証券の流動性の低下等により、損失を生じるおそれがあります。また、株取引には取引業者の売買手数料がかかります。取引を開始する際または継続する際には、そのリスクについて十分にご理解の上行ってください。

 

img-check.gif 当該テクニカル指標付チャートのテンプレートファイル

筆者自身が使用しております当該テクニカル指標付チャートのテンプレートファイル

を 使用方法マニュアルと共に差し上げますのでの、ご自身で設定する手間が

省けます。

同設定ファイルは編集可能なものですので、いつでもご自身にあった 設定に

変更できます。

img-check.gif 『メタトレーダー』のセットアップ・基本使用方法マニュアル

当ホームページでも紹介しましたFX(外国為替証拠金取引)の売買取引を

行なうために用いる無料の高機能金融トレーディングソフトウェアである

「メタトレーダー」の無料申し込み方法及びそのセットアップ・基本使用方法の

マニュアルを差し上げます。

FXをされなくともドル・円NYダウ先物及び日経225先物の動きは、日本国内の

個別株式銘柄にとっても大変重要です。 メタトレーダーによりこれらの動きが

リアルタイムなチャートで見ることが可能となります。

しかも、特典1同様に筆者使用のメタトレーダー用の当該テクニカル指標 付チャート

のテンプレートファイルを差し上げますので、ドル・円やNYダウが今から

どちらに動こうとしているのか掴み易くなります (FXでの使用は勿論可能です)。

これだけでも本商品の価格に匹敵する価値があるものです。

img-check.gif 1年間のメールサポート対応

ご購入者様を対象にメールにてサポートいたします。

サポート期間: 代金決済完了日〜365日
サポート回数: 特に回数制限は設けておりません。
サポート連絡方法: メールのみにて承ります。
                 (サポート用メールアドレス: info@shozai.info)

※ メタトレーダーについての問い合わせは、サポートの対象外とさせて頂きます。

 

よくあるご質問

Q  チャートソフトの販売ですか?
A  いいえ、違います。

特定の証券会社のトレーディングツール上で、どのように本情報内容のチャートを使用するかの方法論が書かれたマニュアルの 販売です。

Q マニュアルの購入代金以外に何か費用が発生しますか?
A 一切ございません。

本文で既述の通り、証券会社の取引口座開設は無料ですし、トレーディングツールを利用することも口座開設者は利用料無料です。

Q 今までに株式投資で損ばかりしてきましたが、今回は大丈夫でしょうか?
A テクニカル指標は、売買サインを示すものではなく、その指標が導く内容をもって、利益が出ることを保証するものではございません。しかし、売買のタイミングが今までと違って格段にわかり易くなるための大いなる助け(武器)とお考え下さい。
Q この指標は、FXでも使えますか?
A テクニカル指標は、株式・FX共に共通ですので、メタトレーダーで、そのままこの指標をお使い頂くことも可能です。
Q マニュアルに返金保証は付いていないのですか?
A 付いておりません。マニュアル内容は、自信作ですので、今後も返金保証を付ける 予定はございませんので、ご了承下さい。

 

今は大変な時代になってしまいました。

株式投資の世界においても、証券会社(特に外国の)や大口の機関トレーダーによるアルゴリズムを 用いた

超高速売買取引の時代なり、これでは個人トレーダーは全く太刀打ちできません。

個人トレーダーの多くが負け組みと言われる株式投資の世界で、一人でも多くの方々がその負け組みから

抜け出してもらいたいという切なる願いから、本情報公開をさせて頂きました。

この想いに賛同し、私と一緒に勝ち組に向かって、夢を実現されたい方は、どうぞお申し込み下さい。

 

株式会社ケンコンサルティング     小林 憲司

              

Copyright © 2012 KEN Consulting Inc. All rights reserved.

【 特定商取引法に基づく表記 】    【 弊社プライバシーポリシー】